「 詩のボクシング」香川大会開催実行委員会

当実行委員会は、すでに朗読活動をしている方たちだけでなく、今まで表現活動をしたことのない方、詩を書いたことのない方などの内に眠る言葉を掘り起こし、新しい挑戦者を広く募ることを目的として活動します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湧別町のホームページに

選抜式全国大会の行われた北海道・湧別町ホームページを見に行ってみると、「まちの話題」というコーナーに今大会のことが紹介されており、対戦結果がきれいにまとめられていました。ごらんください
      ↓
選抜式全国大会の対戦結果
スポンサーサイト

選抜式「詩のボクシング」全国大会in北海道・湧別町

行ってきました!北海道湧別町!観光する時間はありませんでしたが(泣)、迎えて下さった方はみな温かく、素敵な町でした。オホーツク海側の女満別空港から車で1時間ちょっとの所にあり、サロマ湖という大きな湖の横を通ったのですが、「え?海?これが湖?」……デカい……対岸は霞んで見えず。
飛行機を降りた時には外気がびっくりするくらい寒かったのですが、暖房の効いた乗り物での移動が多かったので、ダウンのコートはちょっとジャマでした。

湧別町にはすばらしいチューリップ公園があり、全国大会の会場に向かう途中で少しだけ立ち寄らせていただきました。5月1日から始まったばかりの「チューリップフェア」は天国のような美しさ。100品種以上120万本という圧倒的な数で見渡す限り咲き誇る景色にしばし見とれ、旅の疲れも吹き飛びました。チューリップ公園のホームページからは球根の予約注文を受け付けてくれます。木村は今朝一番にポチッと注文しました〜♪10月頃に届くそうです
上湧別町チューリップ公園

今回の大会が行われたのは、湧別町文化センターTOM。マンガ美術館を併設した文化施設ですが、「詩のボクシング」にはジャストサイズのホールは満員で、観客の皆さんがとても楽しんでいる様子がステージの上からもよく分かりました。

ゲスト審査員は、脚本家の大石静さん、ジャズピアニストの佐藤允彦さん、地元放送局のパーソナリティーYASUさんの3名でした。懇親会で近くの席に座らせていただいたので、色々なご感想もうかがうことができましたが、3人口を揃えて「ジャッジは疲れた。大変だった」とおっしゃっていました。それだけ真剣に聞いて下さっていたのだと思います。

香川勢の対戦結果は、ハナメガネ選手が今回準優勝したささりん選手(宮崎県)に敗れ、一回戦敗退。木村は二回戦で倉地久美夫選手のテッパン朗読『30人バス』に敗れました。戦績としては残念な結果でしたが、香川から持って行った黄色いランドセルを背負ったハナメガネ選手のストレートなメッセージは、会場の隅々にまでしっかり届いていました。

香川からは飛行機を乗り継がないとたどり着かない湧別町。遠かった!でも、行ってよかったです!次は家族で行きたいです!


大会の模様が、当日の夜、NHKニュースで流れました。優勝は松永天馬選手(東京都)。ハナメガネ選手が赤地に白い水玉模様のシャツを着て出場者席に座っているのが、チラリと映っています!リング上で黄色いワンピースを着て朗読しているのは木村です。
      ↓
5月24日(土)のNHKニュース


新聞記事は以下の通りです。

北海道新聞

読売新聞



そして、日本朗読ボクシング協会の公式ブログ

PoetryBoxing



ハナメガネ選手のコメント

来る5月24日(土)に北海道湧別町で行われる、選抜式全国大会への出場を決めたハナメガネ選手のコメントが、日本朗読ボクシング協会HP(http://www.jrba.net/)に掲載されています!その全文はこちら!
        


  音楽が好き。
  歌が好き。
  歌詞という言葉が好き。

  言葉や声という正体のはっきりしないものに、
  傷つけられる事も、
  たくさんあるけれど、

  それ以上に、
  どれだけの言葉や声に、助けられて生きているのだろう。

  「詩のボクシング」に出逢って、6年。
  たくさんの朗読ボクサーの方々の
  言葉と声が、
  歌のように心に残り、
  自分に力を与えてくれている事に、
  今回改めて気がつきました。

  昨年1年間は、シンガーソングライターとしての活動もできず、
  詩を書いたり、歌を作ったり
  自分の内面と向き合う作業をほとんどしてきませんでした。

  ″何のために、誰のために表現という活動をしているのか"

  「詩のボクシング」全国大会のリングに立つ事で、
  また自分の心という器をひっくり返す事になりそうです。
  そして、
  新しい自分に出逢い、
  心に風を通して、
  詩を書いていきたいです。

  うん。
  また、うたをうたって、
  生きていきたいです。

  北海道では今、どんな花が咲いているのでしょうか。

  四国香川からドキドキとワクワクした気持ちを持って
  みなさんに会いに行きます。

  花のある世界をみなさんにメガネを通してお届けできたらと思います。

  ハナメガネ。
  あなたの心に届きますように。
                     ハナメガネ(ピアノ調律師)
ハナメガネ選手2

その他の全国大会出場者はこちら!全国大会出場者16名そろいました!
             ↓

「選抜式・全国大会出場者の思い」


また、ハナメガネ選手はご自分のブログにも素敵な記事を書いてくれました!

ハナメガネ選手ブログ:「ハナメガネのメガネから見える景色」


   みんなでハナメガネ選手を応援しよう

第10回記念大会アルバム・その1

いあむ選手
いあむ選手

Angelしゅん選手
Angelしゅん選手

かあちゃん選手
かあちゃん選手

片木敦史選手
片木敦史選手

仮面の中村ゼミ選手
仮面の中村ゼミ選手

北山裕史選手
北山裕史選手

国方政治+1選手
国方政治+1選手

こうっし〜選手
こうっし〜選手

ことのは選手
ことのは選手

中ちゃん選手
中ちゃん選手

新田千恵子選手
新田千恵子選手

野崎妙子選手
野崎妙子選手

ハナメガネ選手
ハナメガネ選手

まりっぺさん選手
まりっぺさん選手

むじこ選手
むじこ選手

YMB選手
YMB選手

全国大会はハナメガネ選手!

第10回「詩のボクシング」個人戦&第3回「声と言葉のボクシング」優勝決定のご報告です!

団体戦結優勝 チーム「ヤマタイカ」

個人戦優勝 ハナメガネ選手

団体戦の2チーム

第3回「声と言葉のボクシング」団体戦香川大会の
出場チームはこちらのふたつ!


1,「ヤマタイカ」:仮面の中村ゼミ
        新田千恵子
        まりっぺさん

2,「キラメガネ」:ハナメガネ
        ヤンマ
        ラカンカ


団体戦の試合内容は2ラウンド制です。
第1ラウンドは用意して来た詩の朗読。
引き続き第2ラウンドは即興対決を行い、
総合的な判断でシャッジが下されます。

記念大会の出場者を紹介します!

第10回「詩のボクシング」香川大会・個人戦の
出場者をご紹介します。

いあむ(大阪府)

池田浩二(さぬき市)

Angelしゅん(三木町)

かあちゃん(高松市)

海堀賢太郎(高松市)

片木敦史(観音寺市)

仮面の中村ゼミ(高松市)

北山裕史(兵庫県)

国方政治+1(丸亀市)

こうっし〜(高松市)

ことのは(丸亀市)

中ちゃん(綾川町)

新田千恵子(徳島市)

野崎妙子(高松市)

ハナメガネ(高松市)

まりっぺ(高松市)

むじこ(高松市)

YMB(丸亀市)

         以上18名(五十音順)


第10回記念大会にお越し下さい!

 楠かつのりさん主宰の日本朗読ボクシング協会のホームページやメールマガジンに、今回の第10回香川大会をご紹介いただきました。

 当日はたくさんの方にご来場いただきたいです。県外など遠方からいらっしゃる方で、旅程・宿泊先などお困りでしたらご相談に乗りますので、ご遠慮なく実行委員会までお問い合わせ下さいね!

また、県外からお越しの方は今すぐご一報下さい!
   今回の観客によるジャッジで使用する
     第10回記念大会特製うちわを
    おみやげとして1本さし上げます!

 

実行委員会のアドレスが変わっています!

香川大会開催実行委員会のアドレスは
4月より次の通り変更しました!


 shibokukagawa@gmail.com

   !ご注意下さい!

香川大会サプライズ・4 懇親会はジューシー骨付鳥!

香川大会のシメは丸亀名物骨付鳥の名店「うさぎ」で
ジューシーな鶏をガブリ!も〜ウマいに決まってる!


お店の詳細はこちら!
    ↓
丸亀名物 骨付鳥 居酒屋「うさぎ」HP


◎「詩のボクシング」香川大会懇親会

 日時:4月27日(日)18:00〜20:00

 会場:居酒屋「うさぎ」(丸亀市富屋町73-1)

 会費:2,500円


ご参加いただけるのは、香川大会出場者と関係スタッフのみとなります。あしからずご了承下さい!おいしいものを食べながら、香川大会のこれまでを振り返り、「詩のボクシング」の面白さを多いに語り合いましょう!

ただし、「うさぎ」はお昼(11:00〜14:00)も営業しています。観客の皆様は、ぜひランチとしてご利用下さい!


香川大会サプライズ・3 ジャッジ札は丸亀うちわ!

本戦のジャッジにご参加下さる観客の皆さんには、丸亀城内で製作を続けている「うちわ工房 竹」特製の赤青両面うちわをお配りします!

 丸亀市といえば「うちわ」。平成9年には、国の伝統的工芸品に指定され、現在の年間生産量は8,300万本で、なんと全国シェアの90%を誇ります!
 今回「うちわ工房 竹」にお願いしているのは、最も使い勝手の良いスタンダードタイプの竹製うちわ。日本中のどこのご家庭にも一本はある、あのサイズです。軽くて持ちやすく、しなり具合もよく手になじむので、誰にでもちょうどいい風が作れます。もちろん、ちょっと強く扇げば思わず目を細めるほどの風量が。熱気あふれる本戦では、ジャッジの合間にも大活躍かもしれません。
 「うちわ工房 竹」は、今回の会場丸亀城内「大手一の門」のお向かいにあります。店内はお土産物ショップとの併設で、うちわはもちろん、うちわ型のマグネットやストラップなどの楽しい関連商品から名物「骨付鳥」のお菓子まで、所せましと商品が並んでワクワクします!ご来場の記念に、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 おっと、ご注意!
   
「うちわ工房 竹」の営業時間は10:00〜16:00なので、「詩のボクシング」が終わる頃には閉店しています〜。
開演前にゆっくりとお土産を選んでいただくためにも、
ぜひお早めに昼食をすませて丸亀城にお越し下さい!


香川大会サプライズ・2 歴代チャンピオン全員参戦!

今回の本戦には、香川大会の歴代チャンピオンが全員参加することになりました!

香川大会で二度目の優勝を果たしながらも、病に倒れ再びの全国大会出場はならなかった 故 谷口基(たにぐち もとい)さん。その無念さは、ご本人のみならず、あの奇跡のような第8回香川大会の時間を共にした私たち全員のものでもありました。
谷口さんばかりではなく、振り返れば、香川大会のチャンピオンはいつも全国の「詩ボク」ファンの注目の的だったように思います。

第1回 かたつむり(谷口基)選手
第2回 こうっし〜選手
第3回 中ちゃん選手
第4回 ラカンカ(木村恵美)選手
第5回 こうっし〜選手(2回目)
第6回 海堀賢太郎選手
第7回 ハナメガネ選手
第8回 谷口基選手(2回目)
第9回 池田浩二選手


 第10回記念大会サプライズの目玉として、実行委員会が密かに準備を進めていた歴代チャンピオンの全員参加ですが、予選会場にはすでに、中ちゃん選手とハナメガネ選手の姿がありました。また実行委員長木村も団体戦の一員として参加したので、3人のチャンピオンは本戦への参加が決定していました。
 せっかくなので、他のチャンピオンの皆さんも予選に参加していただきたかったのですが、予選当日に限ってどうしてもお仕事の都合が付かなかったり、インフルエンザにかかってしまったりとそれぞれに動かしがたいご事情があり、何とか本戦の日程を確保していただくことで調整がつきました!
 それから、谷口基さんにご参加いただくはずだった枠には、第9回の準優勝者 ことのは選手(丸亀市)がエントリーされます。彼女の詩情あふれる朗読は聞く人の心に穏やかに染みわたり、語り口の柔らかさのあとに鮮やかな印象を残します。

今回の全出場者は、リングネームの確認が終わり次第このブログに発表いたします。

また、本戦の対戦相手は、当日午前のくじ引きで決定します。過去のチャンピオンだからといって、1回戦を勝ち上がるとは限らないのが「詩のボクシング」の面白さです。決戦は丸亀城!発表は当日会場で!乞うご期待!

香川大会サプライズ・1 司会は昌山知加!

第10回記念大会の司会者に、サンポート時代からの我らがアイドル、昌山知加さんが復活です!

FM高松を中心にラジオパーソナリティとして活躍していた昌山さん、ファンだった方も多いはず。第1回「詩のボクシング」香川大会が、高松市の生涯学習センター「まなびCAN」のこけら落としとして開催された時のいきさつを詳しく知るメンバーのひとりですが、現在は二児の母として多忙な毎日を送っています。2007年の香川大会開催実行委員会立ち上げの際には、副実行委員長としても活動してくれました。
そんな彼女が、記念すべき第10回大会の開催に、司会者として戻ってきます。
実は先日の予選でも、すでに美声を聞かせてくれました。マイクの前にたたずむ彼女が第一声を発したとたん、会場内は柔らかな雰囲気に包まれ、いい緊張感を保ちつつ和やかな空気の中、審査が進められました。楠さんとの軽妙なやり取りも復活。丸亀城大手一の門での本戦が楽しみです!

【その他のスタッフ】
リングアナウンサー:ナスピー
レフェリー:Mr.Ree

いつものメンバーでお待ちしています!

予選へのご参加ありがとうございました

 去る3月30日(日)、アイレックス大研修室で香川大会の予選を行いました。エントリーされていた方以外にも数人の当日参加があり、またちょっとしたサプライズもありで、会場は大いに盛り上がりました。
 一人ひとりの朗読に丁寧にコメントを付ける楠さんの言葉の端々に、香川大会十数年の歴史が垣間見え、感慨深いものがありました。

 さて、いよいよ4月27日(日)に行う本戦ですが、丸亀城大手一の門という特別な会場にふさわしく、やはり特別な記念大会にしたいと意気込んでいます。また、県外の「詩ボク」ファンの皆様にもぜひご来場いただきたいと思っています。

 そこで、明日から連続3夜でこのブログにサプライズを発表いたします!どうぞご期待下さい。

本日しめきり!第10回記念大会と重要なお知らせ

 第10回「詩のボクシング」個人戦
        &
第3回「声と言葉のボクシング」団体戦

  香川大会の締め切りは本日です!


       お申し込みは今すぐ!
        ↓

実行委員会のアドレスが変わりました!

  shibokukagawa@gmail.com

重要なお知らせ
「5kagawa」から始まる以前のアドレスにお申し込みいただいた方がおられましたら、大変お手数ですが、確認のためにも再度新しいアドレスにご連絡下さい
諸事情重なりまして、混乱いたしましたことを深くお詫びいたします。

第10回「詩のボクシング」&第3回「声と言葉のボクシング」募集開始!

応募期間:2月10日(月)〜3月24日(月)

                             ※当日必着

3月30日(日)に綾歌総合文化会館アイレックスで行われる
予選に参加をご希望の方は、今すぐご応募(無料)下さい!



応募要領等の詳細はこちら

平成26年 香川大会 開催決定!

 第10回「詩のボクシング」個人戦香川大会
           &
第3回「声と言葉のボクシング」団体戦香川大会



【予選】

日時: 平成26年3月30日(日) 13:00〜(開場は30分前)

会場: 綾歌総合文化会館アイレックス 大研修室

参加費: 無料


【本戦】

日時: 平成26年4月27日(日) 13:00〜(開場は30分前)

会場: 丸亀城 大手一の門

観覧料: 無料


【出場者募集期間】

平成26年2月10日(月)〜3月24日(月)当日必着


【応募資格】

個人戦: 15歳以上の香川県内出身・在住・通勤・通学
    の方であればどなたでもご参加いただけます。
    また、団体戦にも併せてご応募いただけます。

団体戦: 年齢制限なし。ただし3人のメンバーのうち、
    1人以上が香川県内出身・在住・通勤・通学で
    あること。15歳以上の方は個人戦にも併せて
    ご応募いただけます。


【応募方法】

次の必要事項を明記のうえ、実行委員会アドレスまで
送信してください。

必要事項: 1)応募ジャンル(個人戦・団体戦)
     2)氏名
     3)性別
     4)年齢
     5)郵便番号
     6)住所
     7)電話
     8)FAXまたはPCのメールアドレス
     9)職業または学校名
     10)過去の参加経験

※チラシ裏面の申込用紙を郵送またはFAXいただいても
ご応募いただけます。



【申込先・問合せ】

「詩のボクシング」香川大会開催実行委員会

〒761-8084 高松市一宮町334-8

TEL: 090-9773-9476(木村)

FAX: 087-870-4632

E-mail: shibokukagawa@gmail.com←このアドレスに変更しました!


【予選参加要項】

個人戦: 朗読したい3分以内の自作原稿をお持ち下さい。
   ジャンルは問いません。ただし、必ずオリジナル
   のものに限ります。
   なお、楽器やBGMは使用できません。
   予選通過者16名が本戦に出場できます。
   本戦の結果、全国大会出場認定者となった方は、
   5月24日(土)に北海道湧別町で行われる選抜式
   全国大会に出場していただきます(交通費等支給)。


団体戦: 朗読したい3分以内のメンバーによる自作原稿
   をお持ち下さい。ジャンルは問いません。ただし、
   必ずオリジナルのものに限ります。
   なお、楽器やBGMは使用できません。
   予選通過の8チームが本戦に出場できます。
   ※団体戦は今年度の全国大会の予定はありません。

共通の要項: 当日は、ホームページ等の資料作成のため
   随時写真撮影をします。肖像権のお申立はご遠慮
   下さい。
   筆記具・飲み物などは各自でご用意下さい。




MM1がラジオに登場!

 過日開かれた全国大会の報告会ではたくさんの方にお集まりいただき、楽しいひとときとなりました。ご来場下さった皆様、どうもありがとうございました。

 さて、このたび団体戦の小学生3人組チーム「MM1」がFM香川の取材を受けました。放送は以下の通りです。年末のお忙しいところとは思いますが、大掃除の傍らにラジオをかけて、ぜひお聞き下さい!!

本日!
FM香川78.6MHz「朝日新聞キラ星キッズ786」

 2012年12月29日(土) 9:00〜9:25


 http://www.asahi-w.jp/other/kiraboshi.php

 いろいろなインタビューに答えた3人ですが、取材に来てくれたのは甲山万友美さん。上手に質問してくださるので、みんなすいすいしゃべります。「こんなにしゃべってくれると番組作りがラクやわ〜♪」と言っていただきましたが、そりゃもちろん!
            即興大好きMM1ですから!
また、リクエスト曲もかけてもらえるとあって大喜びでした。モエカちゃんのリクエスト曲は、もちろん!……あのミュージシャンですっ!
お楽しみに〜

変更のお知らせ

緊急のお知らせです。

先日お知らせした今年度の「詩のボクシング」全国大会の報告会ですが、
やむを得ない事情により 日程を下記の通りに変更することになりました。
開催時刻・場所については変更ありません。 また、引き続き行う予定の
実行委員会も、報告会と同日・同会場に変更になります。

ただ、すでに「ご参加」とのお返事をいただいていた方で、変更では都合
が付かない方も多いと思われますので、実行委員会のみ、1日(土)も開催
しようと思います。今この記事をお読みいただいた方は、どちらにご参加
下さっても結構です。
実行委員会アドレスまでお返事下さい。

差し迫っての変更で大変申し訳ありません。



            記

2012年「詩のボクシング」全国大会報告会・実行委員会

 日 12月2日(日)

 所 space・M(高松市一宮町334-8)

 時 13:00〜14:00…報告会

   14:00〜15:00…実行委員会

 ℡ 090-9773-9476(木村)

 E-mail 5kagawashiboku☆mail.goo.ne.jp

               (メール送信の際は☆を@に替えて下さい。)

実行委員って何するん……?

 「詩のボクシング」香川大会開催実行委員会は、現在最少人数2名(森本・木村)で活動しています。これまで朗読ボクサーとして予選や本戦にチャレンジする皆さんには、実行委員としての活動とは無縁にご参加いただいてきました。けれど今回、実行委員会としては記念すべき第10回大会を前に、香川の「詩ボク」を最高に盛り上げたいと思うのです
 そこで朗読ボクサーの皆さんにもご参加いただき、よりたくさんの人が参加し、見に来てもらえるようなワクワクする企画や、その実現にご協力いただきたいと思っています。つまり、実行委員の役割として考えられることは、例えば次のようなことです。誰にでも、向き不向きがあります。どれかひとつだけでも、大変ありがたいです。

1) あなたにとっての「詩ボク」の楽しさ、面白さ、必要性を教えてください!
  集まっておしゃべりする中からでもそれは掴み出すことができます。可能な
  限り、今後の実行委員会にご参加下さい。また、大会運営に必要なスタッフ
  や資金をどのように準備すればいいか、知恵を貸してください。

2) 分かり易い「詩ボク」の紹介を一緒に作ってください!
  香川大会は公益財団法人丸亀市福祉事業団からの予算だけで運営しています。
  10周年をもり上げるために更に資金が必要となる場合、スポンサーを募ること
  も考えられます。そのとき、いろんな方に理解を深めていただけるような資料
  をお見せできると心強いです。あなたの声も届けましょう。

3) 発送作業やチラシの配布を一緒にしてください!
  幸い「詩ボク」は、マスコミの皆さんには一定の認知度のあるイベントです。
  今年1年、MM1の活躍などはたくさんの記事や番組に取り上げられました。
  次回の第10回を「記念大会」と位置づけることで、更に話題性のある催しと
  して取り上げ続けてもらえると思います。多方面へのお知らせには、そのため
  の作業が伴います。1人でやるのは効率が悪く、数人お手伝い下さるだけで、
  ずいぶんはかどります。お時間のある時で結構です。協力してください。

4) 打ち合わせや宣伝に同行してください!
  これは木村の不出来ではありますが1人で打ち合わせに行くと、ウッカリ
  聞き漏らしたり、伝え忘れたりすることが時々あり、もう一度書類を作り直し
  たり、再度おうかがいしたりということが結構あるのです。反省しています。
  そんなとき、責任を感じつつも、誰かチェックを入れてくれる人がいてくれた
  らな〜と思わずにいられません……。甘えていると思われるかもしれませんが、
  10回大会の成功のためには、なりふり構っていられない心境です。
  木村を叱咤激励し、横にいてネジを巻いてくれる人、募集です〜もちろん
  ご都合のつく時だけで結構です。

 実行委員会に参加することにより、朗読ボクサーとしての参加に支障はありません。
もちろん有利にもなりません。予選も本戦も、「詩のボクシング」は常に公正です。
実行委員としてご協力いただく期間は、平成25年の1年間のみと考えています。
 第10回記念大会の日程はまだ決まっていません。でも必ず開催します。その礎を、
どうか一緒に築いてください。まずは12月1日の実行委員会にご参加下さい!

◎ご参加のお申し込みは実行委員会アドレスまで

   5kagawashiboku☆mail.goo.ne.jp

               (メール送信の際は☆を@に替えて下さい。)

朝日小学生新聞の記事

先月末に、朝日小学生新聞の1面を飾った「声と言葉のボクシング」全国大会の記事を、このブログにアップしました。10月30日の記事をぜひご覧下さい!
ちょっと字は小さいのですが、MM1の写真や、記事の最後のコメント部分は何とか読めると思います

報告会・実行委員会にご参加下さい!

 今回の全国大会参加者による報告会を開催します〜。参加無料!お茶お菓子付き♪
 また当日は引き続き、次回で第10回を迎える香川大会のための実行委員会も開きます。お忙しいところ恐縮ですが、どうか万障お繰り合わせのうえご参加いただき、お時間の許す限りおつきあい下さい!実行委員会にはどなたでもご参加いただけます。次回の香川大会の出場には全く差し支えありません。次の香川大会も開催してほしい!
これからも香川大会が続いてほしい!!第10回記念大会を成功させたい!!!と思ってくださる方、ふるってご参加下さい。
 実行委員としての活動の詳細は未定です。それもこれから一緒に決めましょう

◎全国大会報告会&公開実行委員会

・第1部: 全国大会報告会


   日時 12月1日(土) 13:00〜14:00

   会場 space・M(高松市一宮町334-8)

・第2部: 香川大会実行委員会

   日時 同日 14:00〜15:00

   会場 木村宅(space・Mより徒歩1分)

池田浩二選手コメント

全国大会個人戦に出場した池田浩二選手より、コメントが届きました!


夜行バスをおりると目にとびこんできたのは
横浜ベイ名物大観覧車とインターコンチネンタルホテル。
(あのかまぼこみたいな形のやつね)
東京には何度も行ったことがありますが,
横浜は初めて。
おお~っ,ついにここまでたどりついた!
しかし,まだ詩が完成しとらん!
座れる場所を必死で探して(まだ朝の7時前),
やっと見つけたマクドで朝マックしながら
3時間詩作に没頭。
ぶつぶつつぶやきながらああでもない,こうでもないと
書いては消し,書いては消し・・・・
おお~っ,ついに完成した!題して「牛乳哀歌」!
集合時刻の11時にはみんなが集まり,くじ引き。
ラッキーなことに,12番くじを引き当てました。
(トーナメントの後半で,しかも後攻)
※サプライズで木村さんが特別枠で出場することになったのには
正直びっくりしましたが・・・(すみません、この件は後日説明します。木村)

ぜ~んぜん,きんちょうせーへんかった。
自分の思いを精一杯
観客のみなさんに届けられたとおもいます。
結果は2回戦で高知の強豪高瀬さんに敗れましたが,
それも自分の準備不足・力量不足。
出発前の壮行会で中ちゃんさんから「楽しんでおいで」と
アドバイスもらいましたが,ほんとうに楽しかった!
こんな世界があるなんて・・・と,目からうろこがぽろぽろ落ちました。
拾うのにたいへん!
試合後の夕食会で中華街に行きましたが,その途上で
突然,私の上に「詩の神様」が降臨してきました(おそすぎるやろ!)!
次の日の朝,ホテルのチェックアウト10分前に
一気呵成に一編の詩を書きあげました。
(これなら,勝てる!・・・・かな?)
戦う吟遊詩人こと池田浩二は,ここに宣言します。
次回の詩ボク,再び横浜の地を踏むために参戦します。
そのために精進,精進!
みなさん,ぜひまたお会いしましょう!

池田浩二

PS.壮行会が終わった後,そっと私にアドバイスくださった
   方,ありがとうございました!ポジティブとネガティブ,
   陰と陽,自分の持つ2面性の中で揺れてたのを
   ふっ切ってくださいました。
   おかげでラブ&ピースなキャラで大会に臨めました!
   謝謝!

楠さんのブログ「三々五々」をチェック!

「詩のボクシング」コミッショナー楠かつのりさんのブログに、今回の全国大会の詳細が少しずつアップされ始めています。優勝した皆さんの写真や寸評、ゲスト審査員だった山崎ナオコーラさんのコメント、そして本日発行の朝日小学生新聞の記事も!
ぜひご覧下さい

楠かつのり「三々五々」

10月30日(土)発行の朝日小学生新聞に!

MM1の勇姿が、本日発行される

「朝日小学生新聞」に掲載されました!


H24,10,30朝日小学生新聞1
H24,10,30朝日小学生新聞2縮小_convert_20121106113030

第12回「詩のボクシング」・第4回「声と言葉のボクシング」全国大会のご報告

おわび……11月29日までの掲載内容で、昨年の全国大会において「みなみ家」と「KIMURAYA」が対戦したという部分がありましたが、記憶違いでした。訂正してお詫びいたします。勇み足ごめんなさい!


 去る10月27日(土)、横浜の県民共催みらいホールにて、第12回「詩のボクシング」全国大会と第4回「声と言葉のボクシング」全国大会が開催されました。
 香川から参加した個人戦代表の池田浩二選手は2回戦まで進出。団体戦のチームMM1は惜しくも1回戦敗退でした。……と、結果だけ書くとなんだか寂しいのですが、その戦いの内容はすばらしく、どちらも本当に惜しいところで勝敗が決しました。

 戦う吟遊詩人・池田選手は、お仕事のあと金曜日の夜行バスで上京したとのことで、早朝到着してからもマックにこもり、ギリギリまで作品を練っての参戦。1回戦は、あの「全国の池田浩二さん」で難なく勝ち上がりました。2回戦では高知代表の高瀬草ノ介選手に敗れてしまいましたが、その作品は先日の壮行会の最後に余興でやった即興のお題「牛乳」を完成させたものという意欲作。毎日の給食で、牛乳嫌いの先生は密かに悪戦苦闘しているという様子を軽妙に語りました。しかし、あとちょっとという所で時間切れ。ゴングが鳴ってしまうと朗読は止めなければなりません。いわゆる「オチ」の部分を残しての終了となり、「もったいないな〜」という拍手が会場を満たしました。対する高瀬選手は落ち着いた雰囲気の朗読でぴったり仕上げ、さすがのキャリアを感じさせました。

 個人戦の優勝は、神奈川代表の菊池奏子選手。あでやかな着物姿に身を包み、ささやくような独特のスタイルで想う人への屈折した愛の形を語り、観客はその濃密な世界のとりこになったようでした。準優勝は北海道のオオタニ選手。昔話や名作童話のパロディーや、その設定だけでもはや抱腹絶倒のストーリーを次々と繰り出し、勝ち進むごとに次は何が出て来るかと観客の期待を膨らませました。
 この対照的な二人の即興対決は、近年まれに見る面白さでした。攻めて出たのは先攻の菊池選手で、オオタニ選手をはじめ何人かの選手が朗読した中から巧みにキーワードを絡めて、お題の「尖閣諸島」を愛のささやきに換えました。受けて立ったオオタニ選手は「都知事選」というお題から、石原都知事に似たアヤシい人に物陰に誘い込まれてアヤシいことに遭遇したという、ちょっと詳細をご報告しがたい内容の即興でしたが、あとでそれは実話を元にした話と聞き、なおビックリしました

 仕切り直して午後3時過ぎからは団体戦「声と言葉のボクシング」。MM1がクジで引き当てた対戦相手は兵庫代表「みなみ家」。みなみ家は昨年の全国大会にも出場し1回戦で姿を消しましたが、KIMURAYAと同じく、母が子ども二人を引き連れて出場というスタイルで、なんとも運命的な対戦となり、始まる前からドキドキしました。
 先攻は我らがMM1。披露したのは例の問題作「KUGI」でした。繰り返し練習した通り、言葉もはっきり、動きも分かり易く、表現も豊かに。MM1の朗読は大変良かったです。少し時間が余ったのは確かですが、本人たちも納得のいく朗読ができたと思います。それを打ち破ったみなみ家の必殺ネタは、あの「A〜C〜♪」ですっかり有名になった金子みすゞの詩。「こだまでしょうか。いいえ、だれでも。」もはや全国民が暗唱できるのではないかと思われるフレーズを逆手に取って、山間に暮らすおもしろ家族の日々の失敗にツッコミをいれつつ、会場を大いに湧かせました。

 今回のジャッジは会場の観客ということもあり、キャッチーな内容を磨き上げて1回戦に持って来たみなみ家の勝算がMM1の健闘を上回りました。しかし、後で何人かの観客の方にも「あれが事実上の決勝戦だったね」と言われました。中には「今みんながそれとなく避けているテーマを、よくぞやったと思います」と言ってくださる方もいらして、ちゃんとMM1の言葉が心に届いたのだと思いました。
 贔屓目をヌキにしても、あの一戦で勝った方が優勝だったと思います。本当にいい勝負でした。

 近日中に、池田浩二選手とMM1からのメッセージを掲載します。またこのブログを時々のぞいてみてくださいね。

近くば寄って目にも見よ!壮行会で新作披露

朝晩めっきり冷え込んできました。皆様お風邪など引いておられませんか。
全国大会を前に、香川代表の皆さんも着々と準備を進めているようです。
来たる10月13日(土)の壮行会、ぜひお越し下さい!新作も聞けますよ〜♪

香川大会の個人戦は4回戦めが決勝でしたので、池田さんはすでに3本の原稿をお持ちですが、ギリギリまで新しい作品を作っていらっしゃるようです。池田さんの作品はどれもユーモアがあってリズミカルで、底抜けに明るい人柄マル出しの朗読の中に、ハッとするような気付きがあります。変幻自在の声色も活かして、壮行会ではぜひ、更に磨きのかかった池田ワールドを展開してもらいたいです!そしてその勢いに乗って、横浜のホールをおおいに揺さぶって欲しいです。

団体戦チームMM1は、香川大会までに2つの原稿を作りましたが、全国大会で勝ち進んだ場合は3作品めが必要ということで、この2ヶ月間、ときどき集まっては新作に頭を悩ませていました。書いては捨て、また書いては行き詰まり、捨てたものにもどったり、また新しく書いたり……これは小学生にとってはとても大変なことです。

そしてとうとう、3つめが完成しました。これがまた、超問題作なのです……!
教育的にはどうでしょう……いやイカンやろな〜。ここは指導を入れるべきか?
先に内容を知ってしまった者として、いや実行委員長として、その前に親として、
うう、悩む所です。子どもたちのあまりにストレートな言葉を、額面どおりには
受け止め切れず、大人の私は激しく傷つきました。傷ついたってことは、当たっ
てるってことなのです。図星だからショックなのです。

でも。思うようにやってもらうことにしました。指導なし!これでよし!OK

どうか壮行会にご来場いただき、あなたが確認してください。そしてご意見があれば、どうぞドシドシおっしゃってください。それを引き受けて全国大会へ行くだけの底力を持った子どもたちであることを保証します!

壮行会にはどなたでもご参加いただけます。詳しくは、下の記事をご覧下さい!
                  

壮行会にご参加下さい!

「詩のボクシング」池田浩二選手

「声と言葉のボクシング」チームMM1

2012年全国大会への壮行会を開きます!


 横浜に旅立つ今年の香川代表に、みんなで楽しく集まってエールを送りましょう!当日は、全国大会で朗読する原稿も披露してもらいます。先日の香川大会をご覧になった方も、残念ながら行けなかった方も、このチャンスにぜひぜひご参加下さい!

日時: 10月13日(土) 正午〜14:45

会場: space・M(高松市一宮町388-1)

参加: 無料!ただし一品持ち寄りです〜♪

      ※取り分けて食べられるものを一品お持ち下さい。紙皿・コップ・
       箸などは実行委員会で準備します。10月10日(水)までにメニュー
       をお知らせいただけると、大変ありがたいです〜。


お申込み: 実行委員会アドレスまで!
         
     5kagawashiboku@mail.goo.ne.jp


締め切り: 当日飛び入り参加も歓迎ですが、
     なるべく9月中にご連絡下さい

2012年 香川大会スナップ9 (個人戦1回戦)

◎第8試合

楠さんにスカウトされて、リングアナMr.リー選手、登場!
IMG_7450_convert_20120905080500.jpg
IMG_7460_convert_20120905080545.jpg

対するは、むじこ 選手
IMG_7467_convert_20120905080634.jpg
IMG_7469_convert_20120905081908.jpg

むじこ選手の勝利!(実行委員会としては、正直ホッとしました〜
IMG_7473_convert_20120905080816.jpg

HomeNext ≫

Welcome!

常任実行委員

shibokukagawa

Author:shibokukagawa


■□■ 実行委員長 木村恵美 ■□■

第4回「詩のボクシング」香川大会優勝
第6回「詩のボクシング」全国大会優勝



■□■ 副委員長 甲山万友美 ■□■

第2回「詩のボクシング」香川大会優勝
第5回「詩のボクシング」香川大会優勝
第7回「詩のボクシング」全国大会準優勝
 「詩のボクシング」香川大会
           司会進行担当



■□■ 副委員長 NASP'E ■□■

 「詩のボクシング」香川大会
        リングアナウンサー





~*ご意見・ご質問・お申し込み*~

     こちらへどうぞ

        ↓
  shibokukagawa☆gmail.com
(メール送信の際は☆を@に替えて下さい)

最近の記事

最新コメント

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。