「 詩のボクシング」香川大会開催実行委員会

当実行委員会は、すでに朗読活動をしている方たちだけでなく、今まで表現活動をしたことのない方、詩を書いたことのない方などの内に眠る言葉を掘り起こし、新しい挑戦者を広く募ることを目的として活動します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM香川に行ってきました

 7月7日のフリーマーケット付き実行委員会の宣伝に、FM香川に行ってきました。毎年「詩のボクシング」を応援してくださっているパーソナリティーの千葉むつみさんが、丁寧に話を聞いてくださった上で、10分程度の収録をしてくださいました。

 内容としては、
1、「詩のボクシング」とはなにか
2、実行委員会発足の経緯とフリーマーケットの目的
3、香川大会の出場者募集
4、本選の日程
などをお話しさせていただきました。

 放送は、FM香川「786 SUPER MEDIO」内で、
6月7日(木)8時40分頃からの予定です。
ご都合が付きましたら、ぜひお聴き下さい!
スポンサーサイト

終わったのですが……

 去る5月20日(日)、小豆島土庄港シーパレスにて、パーカッショニスト臼杵美智代さんのサヌカイトコンサートがありました。小豆島観光開発株式会社の企画だったのですが、コンサートの中盤に、詩の朗読とサヌカイトの即興演奏というプログラムが組まれることになり、木村にお声をかけていただきました。

 実は、臼杵さんとご一緒させていただくのは今回で2度目になります。サヌカイトという特殊な楽器と長年じっくりと向き合って来られたせいでしょうか、お人柄は柔らかく、丸く、いろいろな響きを豊かに内包して澄み渡るサヌカイトの響きそのものような素敵な方です。曲目はセミクラシックから童謡、ポップスまで幅広く、催しの雰囲気や季節に合わせて自在に組まれます。その中で、即興演奏の時間は、サヌカイトの音色を最大限に引き出す確かな技術と瑞々しい感性に支えられ、それが紛れもなく石であることと、石でありながら驚くほど完成された楽器であることのふたつを矛盾なく堪能させられる至福の時です。

 詩を読むにあたっては、音色の醸し出す世界を損ねないように、けれど意味を持ってしっかりと関わり合うようにということを心がけました。お聞きになったお客樣方がどのように受け止められたかは分かりませんが、翌日、ひとりの方からお電話をいただき「詩のボクシング」に大変興味を持ったので資料があれば送ってほしいと言われました。会場では、私の参加したプログラムが終わった所で香川大会のチラシが各テーブルに配られ、少しアピールする時間を取らせていただけました。そのおかげで、本来なら聞き流して終わりだったかもしれない詩の朗読というものに、皆さん心を留めていただけたのだと思います。得難い機会を与えてくださった主催の小豆島観光開発株式会社さんにも、臼杵美智代さんにも、感謝の気持ちでいっぱいです。

 昨年度の香川大会予選に、小豆島土庄高校の生徒さんたちがたくさん出場されていました。今年も彼らの若々しい声が再び聞かれることを期待すると同時に、新しい「島の声」がひとりでも参加してくださることを願います。

 一つの出会いが、次の出会いにつながることを、また一つ実感できた、素敵な休日でした。

新しい出会いを

 現在「チラシ応援隊」にご登録いただいている方々への、第1回目のチラシの発送を、本日までに順次終えることができました。ブログをご覧になって「ウチはまだかな?」と思っていらしたあなた!きっと明日にもお手元に届きますよ~。待っててくださいね。

 また、すでにお手元に届いている方々は、早速ご近所お知り合いにお配りいただいているらしく、追加をご希望のご連絡もいただきました。ありがたいことです!

 今日、木村は近くのコミュニティセンターに行きました。ここは私が「詩のボクシング」のチラシを初めて手にした記念すべき(?)場所です。思えばあの日から、すべてが始まったのだなー……などと、個人的にちょっと感慨深かったです。

 あちこちにお話したり書かせていただいたことですが、私が「詩のボクシング」のチラシを見たのは、昨年度の参加者募集の〆切当日の5月31日でした。別の用事があって立ち寄ったコミュニティセンター(当時は公民館だった)のカウンターにずらりと並べられた様々な催し物のチラシの中に、その日、そのチラシを見つけたこと。何気なく持ち帰り、〆切が今日だと知って一旦ゴミ箱に捨てたものを、深夜になってもう一度拾い上げたこと。募集要項の条件に「メールでもご応募いただけます」の1文を見つけ、思わず時計を見たこと。しばらく思案してメールを作成し、送信ボタンを押したのが、日付の変わる10分ほど前であったこと。すべて克明に思い出せます。

 たまたま立ち寄った場所で思いがけない人生のタネを拾って帰る。そんなことが本当にあるのだと、初めて実感しました。いや本当は、どんな小さな出会いも、それぞれの大きさで私の毎日に、そして未来に影響を与えているに違いないのですが、それらのほとんどは繰り返す日々に埋もれ、気づきにくい形で私の生き様を整えているもののような気がします。すでに地肉となった一つひとつのできごとは、もはや分別しようもなく、原型では取り出しにくい財産として私の中にあります。

 その中で「あの日、あの時の、あの出会い」と明確に探り当てることのできるターニングポイントの一つに、私にはこのコミュニティセンターでの「詩のボクシング」のチラシとの出会いがあるのです。噂を聞いていたのでもなく、勧められたのでもなく、私とチラシの間に誰も介在しないシンプルな出会いが、そのチラシの向こうにいるたくさんの人たちとの素晴らしい出会いを引き寄せてくれたのでした。

 「詩のボクシング」のチラシを、県内の至る所に!

 私が今回実行委員長をお引き受けした際の、最も大きな目的は、ここにあります。出場者の増加も観客の増員も、すべてはそこから始まるとさえ思っています。

 今回の「チラシ応援隊」のみなさんのご協力によって、昨年までは手の届かなかった地域とそこに住む方々に「詩のボクシング」が広がります。それだけでも画期的なことであり、大変感動的なことです。この広がりをまずは9月1日の予選までつなげてゆけば、2週間後の本選では、日本一小さなこの香川で、県外からの参加者も観客も驚くほどの、いっそう素晴らしく豊かな言葉の世界が広がるに違いありません。

 今年も、どこかで誰かが、このチラシとの出会いをきっと待っています。その人のターニングポイントをもたらすのは、あなたかもしれません。ご協力に、心から感謝します。皆様のお陰で、香川の「詩のボクシング」は、今年、大きく飛躍します。

7月7日は!

第5回「詩のボクシング」香川大会開催実行委員会では、7月7日の実行委員会に先立って、同日午前11時よりフリーマーケットを行うことになりました。つきましては、参加者を下記の要領で募集します。ふるってご参加ください!


   日 平成19年7月7日(土)

   時 11:00~フリーマーケット
     (13:00~アトラクション開始)

   所 space・M(高松市一宮町388-1)

募集〆切 平成19年6月30日(土)
     (予定件数に達した時点で〆切ります。)

ブース代 1区画につき1,000円

ブース数 屋外(駐車場1区画ぶん)8件
     屋内 ご好評につき締め切りました!

申し込み・問合せは、左のメールフォームよりどうぞ!
     お電話 090-9773-9476(木村)
     E-mail shibokukagawa@mail.goo.ne.jp
     ◎お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレスを添えて
      お申し込みください。折り返しご連絡をさせていただき
      ます。ブース代は当日お支払い下さい。

皆様のご参加を心よりお待ちしています!

       第5回「詩のボクシング」香川県大会開催実行委員会
               実行委員長 木村恵美
               〒761-8084 高松市一宮町334-8
                 TEL 087-870-4632(自宅)
                    090-9773-9476(携帯)

次回の実行委員会は

第3回実行委員会を下記の通り行います。

 日 2007年6月2日(土)

 時 午後2時~4時

 所 space・M 談話室

内容 引き続き「チラシ応援隊」への発送作業
   7月7日のイベント付き実行委員会の打合わせ
   香川大会本選でのアトラクションの検討
   他


皆様のお越しをお待ちしています!


感謝!感謝!

 本日午後2時より、第2回目の実行委員会を行いました。ご参加くださったNさん、Sさん、Tさん、どうもありがとうございました!この3人の強い味方のおかげで「チラシ応援隊」に登録してくださった方と各マスコミへの発送の準備がほぼできました~。ありがたや、ありがたや……。

 あとはお手紙を同封して郵便局に持って行くだけです。7日(月)にも発送できる見込みです。感謝!感謝!

 space・Mの和室にはチラシの山。それでも2時間のあいだに楽しくおしゃべりしながら、お茶飲みながら、Nさん差し入れの柏餅いただきながら、テキパキと作業は進みました。

 4時からは「もう一軒、行きましょ~!」……ではなくて、Nさんのご案内で、高松市生島町にある「田吾作村」へ。ここは平木さんという方が経営するギャラリーです。1階には若本俊雄という夭折したカメラマンの感動的な白鳥の写真が常設展示してあります。その2階が居心地のいいくつろぎのスペースになっていて、奥さんのあたたかい笑顔とおいしいコーヒーで、すっかり幸せな気持ちになりました。「詩のボクシング」のこともいろいろ聞いてくださり、今後の宣伝活動にもご協力いただけることになりました。

 地元の方をはじめ様々なジャンルで活躍されている方々の憩いの場であるらしく、これまでの活動と交流の写真も、笑顔があふれていました。人と人が出会う所には言葉が生まれます。こんな素敵な場所に集う人々の中に、たくさんの人の心に届く確かな言葉が眠っているのではないだろうか……。ここから手渡されたチラシを受け取った人の中に、書きためた言葉を表現する場を探している人がいるかもしれない……。そんなことを思いながら田吾作村をあとにした木村でした。

 「詩のボクシング」は一方的な表現活動ではありません。そこには表現者がいて、必ず受け止める観客がいます。やり取りとしての会話はありませんが、投げかけられた言葉に思わずうなずいたり驚いたりと、朗読者が会場と一体化しているような感覚にとらわれることがあります。

 真剣な言葉を真剣に受け止める。これは人と人がつながり合うことの基本ではないでしょうか。そのことを3分間に凝縮して体験させてくれるのが「詩のボクシング」なのだと思います。こんなイベントが、あってよかった!また感謝!感謝!

 さあ、香川の地に眠る素敵な言葉に出会いましょう!出会い、つながり、揺さぶられましょう!

 今年の予選が、なんだか待ち遠しいですね。


朗読ボクサー募集!

第5回「詩のボクシング」香川大会では、下記の要領で
   朗読ボクサー(出場者)を募集いたします。
      皆様ふるってご参加ください!

募集期間 2007年5月21日~7月27日

応募方法 第5回「詩のボクシング」香川大会のチラ
     シ裏面の応募用紙にてご応募ください。
     
※持参・郵送・FAX可。応募用紙はホームページから
       もダウンロードできます。
       メールでもご応募いただけます。応募用紙の項目を送
       信の上、必ず確認の電話をお願いします。
       応募書類の返却はいたしませんのでご了承ください。

応募資格 15歳以上であればどなたでも

       ※朗読の形式は自由
       ※3分以内であれば複数でも可
       ※必ずオリジナルなもの
       ※肉声(パフォーマンス・身振り手振りは可)による
        表現のみ可
       ※BGM・楽器演奏等は不可。
       ※肖像権を放棄いただくこと

参加費 無料

応募先 財)高松市文化芸術財団
    サンポートホール高松
    事業グループ(担当 : 濃添・中村)
    TEL 087-825-5010
    FAX 087-825-5040
    E-mail perform@sunport-hall.jp

第5回「詩のボクシング」香川大会

予選 2007年9月1日(土)14:00開演
   サンポートホール高松7F 第3リハーサル室

本選 2007年9月22日(土)13:30開演
   サンポートホール高松5F 第2小ホール

チケット 300円
(本選のみ。前売・当日共通。
                    全席自由・消費税込)

一般発売開始 2007年7月13日(金)

      (サンポートホール高松2F プレイガイドにて。)

審査員 楠かつのり
(日本朗読ボクシング協会代表)

お問合せ 財)高松市文化芸術財団
     サンポートホール高松
     事業グループ(担当 : 濃添・中村)
     TEL 087-825-5010
     FAX 087-825-5040
     E-mail perform@sunport-hall.jp

主催 財)高松市文化芸術財団
   高松市
   高松市教育委員会

協力 日本朗読ボクシング協会

チラシ、いただきました!

 昨日午後、財)高松市文化芸術財団の濃添さんが、space・Mまでチラシを運んでくださいました。いよいよ本格的な宣伝活動にかかることができます!

 う~ん、うれしい!

 5月5日の実行委員会では、このチラシの発送作業とともに、各マスコミへ7月7日(土)のイベントの案内を添えたお手紙も準備する予定です。どうかご協力ください。


Home

Welcome!

常任実行委員

shibokukagawa

Author:shibokukagawa


■□■ 実行委員長 木村恵美 ■□■

第4回「詩のボクシング」香川大会優勝
第6回「詩のボクシング」全国大会優勝



■□■ 副委員長 甲山万友美 ■□■

第2回「詩のボクシング」香川大会優勝
第5回「詩のボクシング」香川大会優勝
第7回「詩のボクシング」全国大会準優勝
 「詩のボクシング」香川大会
           司会進行担当



■□■ 副委員長 NASP'E ■□■

 「詩のボクシング」香川大会
        リングアナウンサー





~*ご意見・ご質問・お申し込み*~

     こちらへどうぞ

        ↓
  shibokukagawa☆gmail.com
(メール送信の際は☆を@に替えて下さい)

最近の記事

最新コメント

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。