「 詩のボクシング」香川大会開催実行委員会

当実行委員会は、すでに朗読活動をしている方たちだけでなく、今まで表現活動をしたことのない方、詩を書いたことのない方などの内に眠る言葉を掘り起こし、新しい挑戦者を広く募ることを目的として活動します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団体戦優勝・準優勝チームのコメント

【うみがめむら】チーム(団体戦優勝)

◎海堀賢太郎

 ひょんなことからこの3人がチームを組むことになり、不思議な縁が重なって「うみがめむら」が生まれました。

 ほとんどまともな打ち合わせもなく、自分が言葉というものに対して抱いていたものとは別の、なんだか奇妙な「言葉の楽しさ」を教えてくれるむう氏と、なんだかその秘めたるものは未知数のかめ氏。もし、全国大会のリングの上で緊張を忘れるほどの、その場で生まれてくるものになんもかんも委ねて、思いのままに言葉を楽しむことが出来ればこれ以上幸せなことはないと感じてます。

 あ、そういえばむう氏とはいつも言葉遊びをしてるけど、まともな会話をしたことがほとんどないなあ(笑)かめ氏は実直でこのチームのまとめ役でもありまして、香川大会当日の朝も連絡がちゃらんぽらんな俺と、これまたちんぷんかんぷんなむう氏にお怒りだったようで、その気苦労ははかりしれない・・・あは。すんません。東京では怒らさないようにがんばるです。

 木村さんをはじめ実行委員会の皆様もこの大会をむかえるまで相当大変なことの連続だったんじゃないかと思います。自分が気付いた事だけでもかなり大変そうだったので、たぶん見えない部分の苦労も多かったと思います。
最後までみんなに声かけし走りぬけた木村さん、1人3役をこなしたこうっしーさん、フラフラでかけつけたナスピーさん。なんだか今回の大会は香川大会実行委員会のみなさんの心意気を見せつけられた、そんな大会でもありました。

 素敵な人たちに支えられてこの大会が出来上がってる。そんな香川大会から全国大会へ行けることを誇りに思う。

 思えば声と言葉のボクシング、一昨年は木村恵美さん&エスメラルダさんとの男と中間と女の性別の違う3人、去年は富田萌花ちゃん&大谷和子さんとの9歳と35歳と67歳の世代の違う3人、そして今年は奇妙奇天烈な3人と毎年違うメンバーと全国大会に行かせてもらい、毎年なんとも新たな気持ちで参加させていただいてる縁に感謝。

 今年のメンバーは特に何を打ち合わせしていいのやらさっぱり思いつかず、何を準備したらいいのかさっぱりわからないままですが、なにかおもしろい事がみつかりそうな予感がして、いまからわくわくしております。

 全国大会に出場するチームの中でいちばんきもちわるいチーム「うみがめむら」目指すはそのあたり、ななめ39°くらいで。がうがう。


◎かめ

 もともと、誰かが何かしているのを観るのが好きで、「詩のボクシングに一緒に出んの?一人足らんのやって。」と言われたときは、「予選に出たら、一番近くで観られるやん♪」と思って行ってみました。

 リングから覗くと、審査員の中に、ゴングが鳴ってしばらくすると「うへぇ!」という表情になった人がいて、「あれ?なんか変なことやっちゃったかな。」と思ったり、無表情に観ているのに、時々ビデオを操作してズームしている人がいたり、観客の中に、腕組みして首を捻りながら聞いてくれてるおじさんがいたり、ニコニコしているキレイなお姉さんがいたりして、なんだか面白かったです。

 リングの中では、団体戦であっという間に決勝戦になったとき、向かいに座ったKIMURAYAチームのマナカマンがめっちゃいい笑顔で、足をぷらんぷらんさせてウキウキしてたのが特に印象に残っています。次は、あのウキウキを見習ってなんかしてみたいなと思いました。

 審査員の方々、観客、選手、実行委員のみなさま、楽しい場をありがとうございました。


◎むう

誘われて誘われて、出てみたら「ありゃ」しちゃった。という感じでした。

あの三人のブレンドからどんなポエジーが発していたのでしょうか?

何か届いたのですね。

即興やパフォーマンスの現場は、不思議な現象が起こりますね。どきどきわわわ

秋に別の地でやったら、またどんな味が醸されるのでしょうか?fじょじょい;「




【KIMURAYA】チーム(団体戦準優勝)

◎マナカマン(8歳)

 私は、大会の前のばんからワクワクしていました。会場についてリングに上がって客席を見たら、広いなぁと思いました。リハーサルのときに順番を決めるクジ引きがありました。「KIMURAYA」チームのクジは私が引きました。もえぞう閣下の「バクチク団」と当たったので「これはヤバいぞ」と思いました。

 私は、小学校一年生の夏休みに書いた『てとてとてとて』の読書かんそう文を短くしたのを読みました。私の手のほくろの話です。手は大事だなぁと思って、かんしゃの気持ちをこめて読みました。「バクチク団」のろうどくもおもしろかったけど、かてたのでよかったです。

 二回戦のそっきょうでは、「うみまげむら」と当たったので、おもしろそうだなぁと思いました。「うみむがめら」のおだいは「かたつむり」でした。さいごに組み立て体そうみたいなことをしていて、すごいなぁと思いました。私たちのおだいは「なめくじ」だったけど、かんそうは、はずかしいので言いたくありません。

 家に帰ってアンケートを見たら、「手のほくろは幸せの星、一番心に残った言葉です」と書いてくれた人がいて、うれしかったです。全国大会に行ってもがんばりたいです。


◎モロボシ・ダン(10歳)

 大会の日は、朝からドキドキしていました。マイクの前に立つと、緊張していっぱい汗が出ました。

 予選では牛乳の話でしたが、今回は父さんのことを書きました。いいところをいろいろ書いたけど、家に帰って父さんに感想を聞くと、「まだまだ読みが浅いな」と言われました。ちょっとがっくしでした。

 アイレックスの前のカフェの裏に、石のテーブルや人工小川のある庭があります。予選のとき、妹のマナカマンや「111」のもえぞう閣下たちと遊びました。表彰式の時いなかったのは、そこで遊んでいたからです。ごめんなさい。

 全国大会に行ったら、まず一回戦は勝ちたいです。がんばります。

 デュアっ!!(←モロボシ・ダンの変身の声)


◎ウルトラな母

 2月19日の予選から3月26日の本戦までの間に、東北関東大震災が起こりました。

 家族がいること。家族でいること。家族で出ること。

 小学4年と2年の子ども二人と言葉を練り、声に出す練習に取り組みながら、その幸せはときどき痛みですらありました。

 子どもの頃、大好きだったのが「家族そろって歌合戦」というテレビ番組です。歌自慢の家族が3人ひと組で出場し、「ウサギさんチーム」や「ぞうさんチーム」などのプラカードを携えて、楽しそうにマイクに向かっていました。その中には、家族に囲まれて、でも等分に役割を与えられ、胸を張ってそれに応える小さな女の子が、毎週どこかの家族にいました。

 私の家族はそろって音痴だったので出場の夢はかないませんでしたが、ひとつのことを通して家族で盛り上がること自体がうらやましかったような気がします。そんなことを思い出したのも、団体戦に参加したおかげでした。全国優勝チーム「111」の富田萌花ちゃんの活躍に憧れて「私も出たい」と言い出したマナカマンの夢を叶えるための「KIMURAYA」結成でしたが、もしかしたら、私自身があの頃の夢を叶えたのかもしれません。

 子どもに対して早くから個性を尊重せよという話を聞きますが、親が自分の趣味に子どもを巻き込んだり、子どもの趣味に親が腰を据えて付き合ったりすることに遠慮はいらないと思っています。影響し合うということにビクビクしたくないです。むしろ、親の手を離れてからもたくさんの人や物の影響を受け、ぐちゃぐちゃになった価値観の中からいずれ突き抜けて行くのが個性だと思います。

 生きて、さえ、いれば。





スポンサーサイト

コメントが届きました!

第8回「詩のボクシング」個人戦優勝の谷口基選手と、準優勝のエンゼルしゅん選手からコメントをいただきました!


◎谷口基選手(個人戦優勝)

 第8回詩のボクシング香川大会参加の皆様そして、開催に向けて準備をしてくださったスタッフの皆様、たいへんお世話になりました。

 第1回に出場して、思いもかけず優勝させていただいてから8年、出戻りの私を温かく迎えてくださったことにとても感謝しています。

 ナスピーさんの予選報告に心のこもった文章を書いていただいたり、こうっしーさんはじめ8年前の私をおぼえていてくださったボクサーの方々から声をかけていただいたりして、懐かしいような、気恥ずかしいような、ほっとするような、不思議な感じでしたが、とてもうれしかったです。楠さんからも大きな支えの言葉をいただき感謝しています。(ところでナスピーさんよくなられましたか…)

 8年前は、遊び心半分で出場して、イメージの飛躍を主眼にしていましたが、全国大会での情けない結果にずいぶん落ち込みました。全国から集まった朗読ファイターにノックダウンされて、再起不能の状態でした。世の中をなめていた自分を思いしらされたことをはっきりとおぼえています。

 以来、詩のボクシングに関しては、新聞記事などを横目で見る程度に距離をとっていました。中ちゃんやこうっしーさんの活躍、そして木村さんや昨年度の団体戦の皆さんの優勝をまぶしく見ていました。

 そんな私をもう一度詩のボクシングに振り向かせたのは、今回の思いもかけない自らの病です。今年の詩のボクシング香川大会の情報を知ったのは、ほんとに偶然でした。入院先の病院でたまたま予選会の小さな記事を読んだのです。(入院中は時間がたっぷりあって、新聞記事をすみからすみまで読むんです。それこそ「おくやみ」の記事まで…)

 癌を告知されて以来、私の意識というか心は、大きい「振れ」の中に浮かんでいました。絶望という端と生きるための営為という端の間を常に行ったり来たりの振れの中です。

 何よりもすでに転移が大きい範囲で広がっていたことがとても恐ろしく、検査の映像をみたときには夫婦共々本当に絶望のふちに立たされました。生きるということがこんなに困難だということを知らされたのは初めてでした。

 しかし、主治医や担当看護師の皆さんの病院スタッフのプロとしての仕事に支えられた治療の日々を重ねながら、そして家内の吹っ切って歩こうとする姿勢に力づけられながら(女性は強い!)、少しずつ目標をもって生きることを思い出しました。

 詩ボクの記事が目に飛び込んできたのはそんな時だったのです。確か申し込み締め切りの3週間ほど前だったと思います。いくらかの躊躇はあったのですが、何かの啓示かもしれないという気持ちも手伝って、やってみようかなという気持ちになりました。

 木村さんに参加の意向をお知らせしてからは、詩作の日々でした。そしてそれが、ある期間の私の生きる目標になったのです。テーマは迷わず自らの癌体験です。しかしこのテーマは、気をつけなければ、情に流され、ややもすると既成の概念をなぞることに陥る可能性を強く含みます。そして、当事者の思いのみが突出し、受け止める人を惑わせたり、拒否感情を生まれさせたりする危険も生じさせます。

 そのことへの留意が必要であることを思いながら、注意深く自らの体験を詩の言葉へと昇華させていく作業を続けました。この作業は、眠っていた詩への関心をくすぐり始めたようでした。寝入りばなに、より磨かれたフレーズを思いついたり、夜中に目覚めたときにぴたりと当てはまる言葉を思いついたり、ずいぶん私を楽しませてくれました。そして、生きる張り合いを提供してくれました。何度も何度もこの作業を繰り返しながら、わたしのいくつかの作品が形をなしていきました。こうして、できあがった作品を提げて予選会を迎えたのです。

 久しぶりの舞台はとても緊張しました。オリジナルの詩の朗読は、人前で自分をさらけ出すことであるという覚悟はしていたつもりなのですが、いざリングに立つと、さすがに多くの人に向かって自らの癌を告白することのおそれが沸いてきたのでしょうか、原稿をもつ手がふるえました。あんなにふるえるとは思いませんでした。審査員の方は演出が入っているのではという感じもあったようですが、そのまんま正直にふるえたのです。でも、これは自分でも本気なんだということが後で確認できたふるえでもありました。

 ふるえのもう一つの原因は、これらの詩が通用するものかどうか(つまり伝わるかどうか)というおそれの存在です。表現、特に詩の朗読という表現は、相手がきちんと受け取めてくれることではじめてその価値をもつものだと思います。私の詩がどのように受け止められるのか、表現として成り立つのか、そのことが全く未知数のままリングに立つことは、とてもおそろしいことです。特に私のように、再起不能なまでに表現を拒否され、うちのめされた者にとっては、それはとてもおそろしいことです。ふるえる手で原稿を持ちながら未知の原っぱを歩く心地でした。

 そんな私を受け入れていただき、優勝にまでみちびいいていただいた観客の皆さんや審査員の皆さん、共に戦った朗読ボクサーの皆さん、そして裏方として大会を支えていただいたスタッフの方に、あらためて感謝しています。全国大会では、どこまで戦えるかわかりませんが、今回は舞台の大きさにひるまぬように、自分を表現してきたいと思っています。またアドバイスをください。

 思いついたことをずるずる述べさせていただいて恐縮ですが、今回の優勝をいただいたお礼とさせていただきたいと思います。ほんとうにありがとうございました。



◎エンゼルしゅん選手(個人戦準優勝)

 落とされし者が、選ばれし者になりました。

 予選会が行われた2月19日は、私の誕生日でした。 予選を通って、誕生日を祝うケーキを買って帰る予定だったのに、なんと落選4名の中に選ばれてしまうとは……。 暗く沈んて行くこの気分。 落ちるという事は、こういうことかと味わされた。

 情けない自分自身に腹立ち苛立ち、怒りが頭の中に 黒雲のように広がってもう噴火寸前になっていた。 「この怒りを詩にぶちまけてやるぞーーーー!」と 思いつめていた私に、届いたメールには優しい言葉が……読みすすむうちにだんだんと、その怒りを鎮めてくれたのでした。

 本戦の3月26日は、スタッフとして協力しようと決めていたので、「欠員が出たら、出てくださいね」という木村さんの勧めにも「今回は辞退します」と言ったものの、用意だけはして行った。受付をしているうちに、もし欠席者がいたら、出ないと運営上いけないかと覚悟を決めていたら、その通りになってしまった。

 そして臨んだ本戦1回戦。むじこ選手と対戦。どうせ1回戦だけならと迷った末に、今は亡き恩師のことを詠んだ詩を選んだ。後で分かったのだが、恩師の名前を出さなかったのに審査員の一人がなんと、その秋山先生の作品展がこの夏に開催されると教えてくれました。うれしかった!少しは先生への供養になったかも……

 2回戦は、初出場の雁木選手。そして準決勝では、いあむ選手。かつて初めて詩ボクに出場した時、高校生だったあの[いあむ選手]だった。不思議な気がした。結果4:1で勝って、はじめての決勝戦へと進んでしまった。初出場の時に一緒だった海堀くんもハナメガネちゃんも、皆ぐんぐん力を発揮して一足先に立ったこの決勝のリングに、今私が立っている!

 お腹のあたりに胸やけのような表現しにくい感覚。これが決勝戦のプレッシャーなのか?対戦相手の谷口選手は、予選の時から、病を背負い死と対峙する素晴らしい詩を詠んできた。勝てるなんて元から思っていないけれど
せめて決勝戦の品位を汚さないようにベストを尽くさないと…と思った。

 用意してきた3作品は詠んでしまっているので、準決勝後に急いで書いた。予選の時に「一本調子で、紙に向かって読むんじゃない」と楠さんに指摘されていたので、今こそ、その殻を破ろうと、落ちた時の思いをぶつけることにした。即興のお題は[へそ曲がり]、もう破れかぶれで話して終わった。結果は谷口選手の勝利だったが、意外にも2人の札が揚がったのがなによりもうれしかった。

 今は、ガツンと言ってくれた楠さんに、そして誰よりも木村さんに感謝しています。それとドクターストップでリング上にいなかったナスピーさんに早く回復して欲しいと願っています。



(注)……香川大会の名物リングアナウンサーナスピー君は、前日深夜に体調を崩し、今回は参加することができませんでした。そのため急遽、進行がすべて司会の甲山さんの役目となり、全力を尽くしてくれたのですが、進行中いくつかの手違いがありましたことを、実行委員会を代表してこの場で深くお詫びいたします。



結果発表!




【第8回「詩のボクシング」個人戦香川大会】

   優勝 谷口 基 選手

   準優勝 エンゼルしゅん 選手



【第1回「声と言葉のボクシング」団体戦香川大会】

   優勝 うみがめむら チーム

   準優勝 KIMURAYA チーム


ご来場ありがとうございました!




本日開催! 香川大会


       いよいよ本日、

   第8回「詩のボクシング」個人戦

  第1回「声と言葉のボクシング」団体戦

     香川大会を開催します。

 皆様お誘い合わせのうえ多数ご来場下さい!


  香川大会本戦のご案内は→こちらです

香川大会インターネット配信決定!

明日の香川大会、個人戦の二回戦以降が、
「さぬきTV」のご協力でUSTREAMにて
実況生中継されることになりました!
開始は15:50、終了予定は17:15です。


また、この内容は、あとで繰り返し見ることが
できます。ワクワクします~

明日、3月26日(土)どうしてもアイレックスに
来られない残念なあなたは、
15:50からの「さぬきtv」をチェック!

「さぬきtv」→ http://www.sanuki.tv/ustream-list.html



予定通り開催します! 香川大会




今週土曜日、香川大会を開催します。



家族がいて、今日眠るところがあり、明日食べるものがある、平凡で穏やかな時間が過ぎる中で、大きな災害や、そのために新たな悲しみのただ中にいる方達を思うと、言葉に何ができるのか、できることなどあるのかと呆然とするばかりです。

でも私は、言葉に力をもらったことがある。
その言葉に受け止めてもらったことがある。
言葉で、何度も自分に確かめたことがある。

想像を絶する環境の中でも、人は小さな言葉を光にしながら闇の明けるのをまち、言葉でつながり、言葉を行動にかえて踏み出してきた生き物であると思います。



言葉は無力か、どうか。
遠いことが無力か、どうか。

迷う気持ちはあるけれど、今ここでそのことに迷って何もせずにいることにも、あまり意味はないと思いました。

その言葉が、直ちに今の自分を救うものでなくても、心のどこかに、体のどこかに、それは知らぬ間にしまい込まれ、いちど忘れられ、けれど必要なときには何よりもはやくあらわれて支えてくれた。

だから

「わたし」の言葉は、遠くで、いま、悲しみや恐怖や絶望や苛立ちの底で苦しんでいる「あなた」には届かないかも知れないけれど、ここで暮らす私の周りの「だれか」の心に滑り込み、いつか、その人のささやかな光になれるかも知れないと思う。

今回の香川大会で生まれる言葉は、その小さな種蒔きだと思っています。



「あなた」の言葉を「わたし」が語ることはできない。そのことを謙虚に見つめ、「わたし」にしか語れない言葉を「わたし」が声にする、ということに全力で挑む人たちが香川大会に集います。

第8回「詩のボクシング」・第1回「声と言葉のボクシング」香川大会にご来場下さい。



香川大会本戦のご案内は→こちらです

当日は、東北・関東大震災への義援金も受け付けます。ご協力をお願いいたします。


香川大会当日、東日本大震災への義援金を受け付けます

 このたびの東日本大震災にあたり、被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。刻々と詳細になる報道内容や深刻な数値の変化に、香川の皆様も胸を痛めておられると思います。

昨日、今回の香川大会の開催にご協力いただいている日本朗読ボクシング協会、楠かつのり代表より、被災地への義援金を呼びかける連絡が入りました。これを受けて、来る3月26日(土)、綾歌総合文化会館アイレックス・小ホールにて開催する「詩のボクシング」「声と言葉のボクシング」香川大会の会場でも募金箱を設置し、義援金を受け付けることになりました。集まったお金は、香川大会実行委員会より日本朗読ボクシング協会に送ります。



※以下、楠かつのり氏ブログ「三々五々」(http://imageart.exblog.jp/16047287/)より転載。


 皆さん、ご無事でしょうか。
 今回の大地震で被災された方々のことが心配でなりません。

 家族のこと、友人知人のこと、近所の方のこと、
 家のこと、村や町のこと、
 寒い、停電、連絡が取れない中、
 次々に襲ってくる不安に、
 一刻も早い救助の手が届きますように、

 そう強く願っています。

 「詩のボクシング」も、
 岩手大会、宮城大会、福島大会、茨城大会を開催していただいており、
 被害の甚大さを重く受け止めています。
 また、秋田大会、山形大会、群馬大会、千葉大会、神奈川大会、東京大会の
 開催された地域での被災者も出ています。

 「詩のボクシング」として、被災された方々への支援と被災地復興に向けて
 何かできることを考えています。


 ◎2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による被災者への
  支援と被災地復興に向けての義援金を全国から集めます。
  日本朗読ボクシング協会名で受け付けております。
  振り込みは、

  日本朗読ボクシング協会 三菱東京UFJ銀行 国分寺支店
  普通口座 1496044
  名義:日本朗読ボクシング協会(ニホンロウドクボクシングキョウカイ)

  お振込みいただいた方は、メール、あるいはFAXにて住所、氏名、
  連絡先だけもお知らせください。

  義援金の振り込み期間を3月12日~5月31日とさせていただきます。

  メール:voice@jrba.net/FAX.045-788-2979


 義援金をいただいた方には、日本朗読ボクシング協会としてできることとして、
 6月25日(土)に横浜で開催される[前期]全国大会を
 無料にて観戦していただけるようにいたします。

 お振り込みいただいた義援金は、まとめて「詩のボクシング」義援金として
 受け入れ先としてしっかりしていることを確認した後に責任を持ってお届けします。

 その詳細を義援金をいただいた方にお知らせします。


香川大会開催実行委員会より、皆様のご協力を、心からお願いいたします。

香川大会本戦のご案内は→こちらです



Home

Welcome!

常任実行委員

shibokukagawa

Author:shibokukagawa


■□■ 実行委員長 木村恵美 ■□■

第4回「詩のボクシング」香川大会優勝
第6回「詩のボクシング」全国大会優勝



■□■ 副委員長 甲山万友美 ■□■

第2回「詩のボクシング」香川大会優勝
第5回「詩のボクシング」香川大会優勝
第7回「詩のボクシング」全国大会準優勝
 「詩のボクシング」香川大会
           司会進行担当



■□■ 副委員長 NASP'E ■□■

 「詩のボクシング」香川大会
        リングアナウンサー





~*ご意見・ご質問・お申し込み*~

     こちらへどうぞ

        ↓
  shibokukagawa☆gmail.com
(メール送信の際は☆を@に替えて下さい)

最近の記事

最新コメント

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。