「 詩のボクシング」香川大会開催実行委員会

当実行委員会は、すでに朗読活動をしている方たちだけでなく、今まで表現活動をしたことのない方、詩を書いたことのない方などの内に眠る言葉を掘り起こし、新しい挑戦者を広く募ることを目的として活動します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香川大会予選ナスピーレポ

香川大会の名物リングアナウンサー、ナスピー君が、先日の予選についての遅~いレポート(笑)を送ってくれました。実行委員会の副委員長という身の上ではありますが、今回の予選は、第1回からの歴史のすべてを知る彼には感慨ひとしおの1日であったようです。泣きの入っている所は大目に見て読んでやってください。


〈以下、ナスピー君筆。〉

 やっぱり予選があった方が「詩のボクシング」って感じがする。本選は16人の精鋭朗読ボクサーの声と言葉を味わうのだが、もっといろんな多くの人の言葉に触れられるのが予選なのである。団体4組、個人21人による、2008年サンポート開催以来の香川大会予選であった。しかも丸亀開催では初の予選であった。2009年はワークショップ形式でいきなり本選だったからね。

 今回は第1回香川大会チャンピオンが8年ぶりに復帰した。(その朗読は楠コミッショナーのブログ「三々五々」にアップされている。)8年前の第3回「詩のボクシング」全国大会に香川代表として出場したものの1回戦敗退。そこで大きなショックを受け、一旦「詩ボク」から離れて行く。しかし8年の間に大病も患い、紆余曲折を経て彼はリングに帰ってきた。第1回香川大会からリングアナをさせていただいている人間としては実に感慨深かった。8年前の、傘を開いて軽妙に朗読する彼の姿はなく、実に重く生々しい朗読に、8年の歳月と詩のボクシングへの復帰への決意を見た気がした。
 もちろん彼だけではなく、今回予選に登場した21人すべてが素晴らしい朗読を聴かせてくれたのは言うまでもない。本当に各々が各々の思いのたけを言葉にのせて表現していた。約4時間があっという間であった。そこから選ばれた16人がリング上であいまみえる個人戦は間違いなく素晴らしいものになるだろうと確信している。ちなみに16人中8人が初登場というフレッシュな顔ぶれである。

 団体戦は4チーム全部よくて、すべて本選出場。ってコトで地方大会では全国初の団体戦での1回戦、決勝という流れになる。文字通りの地区予選ってコトになるのだ。
 1回戦は用意してきた朗読。決勝は即興詩。コレはオモシロクなりそう。一見の、一聴の価値ありである。楠コミッショナーのブログに香川大会実行委員長木村さんとその子どもたちの朗読がアップされているので見ていただきたい。会場でナマを見たくなるに違いない。

 第8回「詩のボクシング」香川大会、第1回「声と言葉のボクシング」香川大会は、綾歌総合文化会館アイレックスにて3月26日土曜日14時ゴング!!


香川大会本戦のご案内は→こちら!

≪ 香川大会当日、東日本大震災への義援金を受け付けますホームここで見られます!香川大会予選の模様! ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

Welcome!

常任実行委員

shibokukagawa

Author:shibokukagawa


■□■ 実行委員長 木村恵美 ■□■

第4回「詩のボクシング」香川大会優勝
第6回「詩のボクシング」全国大会優勝



■□■ 副委員長 甲山万友美 ■□■

第2回「詩のボクシング」香川大会優勝
第5回「詩のボクシング」香川大会優勝
第7回「詩のボクシング」全国大会準優勝
 「詩のボクシング」香川大会
           司会進行担当



■□■ 副委員長 NASP'E ■□■

 「詩のボクシング」香川大会
        リングアナウンサー





~*ご意見・ご質問・お申し込み*~

     こちらへどうぞ

        ↓
  shibokukagawa☆gmail.com
(メール送信の際は☆を@に替えて下さい)

最近の記事

最新コメント

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。