「 詩のボクシング」香川大会開催実行委員会

当実行委員会は、すでに朗読活動をしている方たちだけでなく、今まで表現活動をしたことのない方、詩を書いたことのない方などの内に眠る言葉を掘り起こし、新しい挑戦者を広く募ることを目的として活動します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年香川大会 個人戦優勝・準優勝コメント

◎個人戦優勝 池田浩二選手

優勝報告

2回目の出場となった県の本選,詩ボクのリングの雰囲気を味わえたら
それでええわくらいに思っていたら,まさかまさかの優勝,
自分が一番驚いているし,めんくらっています。

舞い上がっていたので,対戦の全てを覚えてはいませんが,
朗読ボクサーのみなさん一人ひとりが,その人でなければ
出せない世界観を持っていることに感動しました。
「十人十色」という言葉がありますが,「十人十詩」とでも
言えばいいでしょうか。みんな,すごい!

本選での無邪気な喜びもつかの間のこと。
翌日の新聞に大きく取り上げられ,お祝いのメールや電話が
たくさん届くたびに,伝統ある詩のボクシングの県代表に
選ばれたことに対して,これはたいへんなことやなという思いが
ひしひしと湧いてきています。MM-1の子どもたちの爪の垢でも
煎じて飲みたい,そんな心境です。

今は,「自分って何?」ということを考えています。あんまりこうしたことを
考えるのは得意ではないのですが,つきつめて考えることで,
私なりの詩が生まれるのではないかと考えています。
背伸びしても,どこかから借りてきた言葉にしかならんでしょうし,
私なりの言葉で私なりの詩を紡げたらええなあ。

まあ,気負わず,横浜でベストを尽くしてきます。
港が俺を呼んでるぜ!
やっぱり,言葉でなけらいかん!


◎個人戦準優勝 ことのは選手

準優勝ことのは選手

今でも、<麦茶>が頭から離れず気がつくと、麦茶の詩を考えている自分がいて
笑ってます^^

今思うと、毎晩両親が寝静まってから、自分と向き合いながら詩を組み立てて、
推敲を重ねる時間が、とても充実していたなーと思います。
いい機会をありがとうございました。
自分の中に眠っていることばを掘り起こすことができました。

終わってみて思うことは
詩を考える自分と、それをステージで声に出す自分とは
少し違うのかな・・と思いました。
少し、詩のちからにたより過ぎていたのかなーと思っています。
もっと、ぽっかりと浮かんできたことばを身体に響かせながらそのまま口に出す
ってことを体感していったほうがいいのかなと思います。

それにつけても、即興はむつかしいです。
常々の頭の回転の悪さも手伝って、あわあわするばかりでした。
でも、とてもいい勉強になりました。

ほんとに、ありがとうございました。

≪ 2012年 香川大会スナップ2 (個人戦1回戦)ホーム本日8月23日の山陽放送で! ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

Welcome!

常任実行委員

shibokukagawa

Author:shibokukagawa


■□■ 実行委員長 木村恵美 ■□■

第4回「詩のボクシング」香川大会優勝
第6回「詩のボクシング」全国大会優勝



■□■ 副委員長 甲山万友美 ■□■

第2回「詩のボクシング」香川大会優勝
第5回「詩のボクシング」香川大会優勝
第7回「詩のボクシング」全国大会準優勝
 「詩のボクシング」香川大会
           司会進行担当



■□■ 副委員長 NASP'E ■□■

 「詩のボクシング」香川大会
        リングアナウンサー





~*ご意見・ご質問・お申し込み*~

     こちらへどうぞ

        ↓
  shibokukagawa☆gmail.com
(メール送信の際は☆を@に替えて下さい)

最近の記事

最新コメント

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。