「 詩のボクシング」香川大会開催実行委員会

当実行委員会は、すでに朗読活動をしている方たちだけでなく、今まで表現活動をしたことのない方、詩を書いたことのない方などの内に眠る言葉を掘り起こし、新しい挑戦者を広く募ることを目的として活動します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生の詩の朗読会に行ってきました!

 今日、多度津町で素敵な催しがありました。多度津ライオンズクラブ主催、第1回「小学生詩の朗読大会」です。

 昨年11月に、「詩のボクシング」主宰の楠かつのり先生が来県し、まなびCANでの講演会(11月25日)と、高松市内の小学生への「詩のボクシング」のレクチャー(11月26日)をしてくださる機会がありました。その際、多度津ライオンズクラブの方が講演をお聴きになり、小学生の「詩のボクシング」に大変興味をお持ちになりました。そして、何とかして多度津町内の4つの小学校対抗で実現できないかと模索していたのですが、諸事情あって、ひとまず朗読大会という形での開催となったものです。「詩のボクシング」の形を取らないため、一戦ごとの勝敗は決めませんでしたが、3人で一組の団体戦に参加した15チームは教科書の中から選んだ作品を、個人戦に参加の10人は自作の詩を発表し、いずれも最優秀賞(1)と優秀賞(2)が選ばれ、表彰されました。

 参加したのは、多度津町内にある4つの小学校(四箇小学校・白方小学校・多度津小学校・豊原小学校)の4年生~6年生の生徒さんたちです。いずれも学校代表という形ではなく、家庭で相談の上、自由に応募してもらったとのことで、ライオンズクラブの方達は「果たして子どもたちが参加してくれるだろうか」と当初は大変心配されたようです。ところが、フタを開けてみると予想以上の応募者で、驚くやらホッとするやらのうれしいスタートとなりました。

 会場は、多度津町役場近くの福祉センター4階大ホール。朝8時半からの受付で、私(木村)が到着した9時前にはちょうど入り口の所で発表の順番を決めるくじ引きをしていたようで、賑やかでした。場内は出場者とその家族でいっぱいです。ステージ横には大きな垂れ幕に大会名とキャッチコピー「きみのことばと声の力で思いのすべてを表現しよう」が書かれ、優秀者に手渡される盾(これがまた素晴らしく豪華!)がずらりと並んでいます。集まった大人も子どもも、これからここで一体どんなことが始まるのだろうと興味津々の様子でした。

 司会の方の第一声が開会を告げ、決まったばかりの朗読の順番が発表されると、いよいよ団体戦の始まりです。最初の自己紹介ではみんな緊張の面持ちの子どもたちでしたが、作品の朗読に入ると打って変わった堂々とした態度で驚きました。工夫した表現や動きがあり、よく練習してこの日に臨んだことが分かりました。教科書の中から選んだという作品は、参加者が3学年に亘っているせいかバラエティーに富んでおり、何チームかは同じ作品を取り上げていましたが、それぞれに違う取り組みがなされ、おもしろかったです。

 休憩を挟んで、個人戦が行われました。自然をテーマにしたもの、日常生活の中の発見をテーマにしたもの、自分の思いをテーマにしたものなど様々な視点があり、聞く人の共感を呼ぶものもありました。評価は、9人の審査員がそれぞれ10点を持ち、それを自由に振り分けたものを集計するのですが、皆さん大変悩みながらの採点だったようです。

 今回は、出場した子どもたちはもちろん、主宰のラスオンズクラブの方々にも審査員の方々にとっても、すべてが初めてのことで手探りです。朗読の表現力も詩の内容も、次回の開催では一段とレベルが上がるでしょう。またそれは審査員にとっても同じことで、審査の基準やポイントも、今後回を重ねるごとに磨かれて行くと思います。

 「詩のボクシング」という名こそ使われませんでしたが、私としては今日の催しは、「詩のボクシング」が高松市から一歩外へ出ることにつながる意義あるものだったと思っています。「第1回」が「第2回」を迎えるときには、ぜひ本当の「詩のボクシング」として開催されることを願ってやみません。

 今日の体験をした子どもたちの何人かの瞳の中に、来年の参加を目指そうとする輝きが灯ったのを、私は見逃しませんでした。表現するということに一段と踏み込んだ彼らに、来年も会いたいです。気まぐれな梅雨空にひととき広がった青空のもと、車を走らせて帰る私の心は、新しい動きの始まりに立ち会えた喜びと、清々しさと、期待に満ちていました。

≪ お問い合わせ多数!ホームフリーマーケット(7月7日)情報・その5 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

Welcome!

常任実行委員

shibokukagawa

Author:shibokukagawa


■□■ 実行委員長 木村恵美 ■□■

第4回「詩のボクシング」香川大会優勝
第6回「詩のボクシング」全国大会優勝



■□■ 副委員長 甲山万友美 ■□■

第2回「詩のボクシング」香川大会優勝
第5回「詩のボクシング」香川大会優勝
第7回「詩のボクシング」全国大会準優勝
 「詩のボクシング」香川大会
           司会進行担当



■□■ 副委員長 NASP'E ■□■

 「詩のボクシング」香川大会
        リングアナウンサー





~*ご意見・ご質問・お申し込み*~

     こちらへどうぞ

        ↓
  shibokukagawa☆gmail.com
(メール送信の際は☆を@に替えて下さい)

最近の記事

最新コメント

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。